妊娠線 クリーム 人気

MENU

妊娠線クリーム人気ランキングの前の質問タイム!

妊娠線予防していたママに質問!

 

 

妊娠線予防していなかったママに質問!

 

注意!こんな人は気を付けて!妊娠線が出来やすい人。

妊娠線専用クリームじゃないとダメ?ちょっと高い…

妊娠線は1度出来ると消すのが困難!

1回出来た妊娠線は消すのが非常に難しく、妊娠の時にクリームなどでのケアをさぼっただけで一生の悩みになる可能性が大きいです。

 

値段は市販の保湿クリームより高いですが、本気で妊娠線を予防したいなら、
効果が期待出来て、無添加の妊娠中も安心して使える妊娠線専用のクリームを使うのがベターです。

本気で妊娠線を予防したいママのためのクリームの選び方

海外で妊娠線予防の実績のあるシラノール誘導体が配合されている妊娠線クリームを選ぶべし!

 

実は妊娠線の予防ケアをしている人としていない人でアンケートを取ると、
両方とも50%前後の確率で妊娠線が出来た!という結果が。。。
あれ?
予防してもしなくても同じ確率で妊娠線が出来るの・・・?

 

この結果から予測できるのは、
・予防はしても意味ない
・予防のやり方や使い方に問題がある

 

このどちらかでしょう。

 

妊娠線は予防しても意味ない、だとちょっと悲しいので調べてみたところ、
海外で妊娠線予防クリーム有効成分としての使用実績が出た成分が「シラノール誘導体」だそうです。

 

これがその結果↓博士に日本語訳してもらいました。

 

シラノール誘導体が入っている妊娠線クリームを使うと、
初めての出産ママで80%、出産経験があるママで62%、妊娠線が出来なかったという結果が出ました。

 

何か英語の資料とか持ってきてややこしいこと書きましたが、
妊娠線の予防には有効成分が入っているクリームを使うことが大事だということがうっすらでもわかっていただければOKです。

 

簡単にまとめると、本気で妊娠線を予防したい場合は
有効成分であるシラノール誘導体が配合されているクリームを使うといいですよ!ってことです。

 

ただ、日本で発売されている妊娠線予防クリームで
シラノール誘導体が配合されているものはほとんどなく、今のところベルタ妊娠線クリームだけです。

 

→ベルタ妊娠線クリームのレビューはこちら←

効果重視のママのための妊娠線クリームランキング!
ベルタ妊娠線クリーム

★特徴を簡単まとめました★

・有効成分のシラノール誘導体配合←予防成分No.1
・葉酸成分でターンオーバーUP!
・美容成分×3種類配合
・アミノ酸&ビタミン×5種類配合で保湿力&浸透力抜群!
・無添加&無香料

価格 4980円
評価 評価5
イチオシ成分 シラノール誘導体
こんなママにおすすめ

絶対妊娠線を作りたくない本気の予防をしたいママ。
妊娠線予防に今一番有効な成分だとされているシラノール誘導体が配合されているのはベルタ妊娠線クリームだけ。

ノコア妊娠線クリーム

★特徴を簡単まとめました★

FGF様成分がガタガタの肌を支える。←出来てしまった妊娠線に◎
・高浸透型ビタミンC誘導体は200倍の浸透力でビタミンCを肌の奥へお届け!
・EGF成分でスムーズなターンオーバー!
・天然保湿成分でしっかり保湿&肌本来の保湿力UP
・100%ナチュラル成分で肌への優しさ◎

価格 6980円
評価 評価4.5
イチオシ成分 FGF様成分アセチルデカペプチド-3
こんなママにおすすめ

2回目以降の妊娠で前回妊娠線が出来てしまったママにおすすめ。
妊娠線や肉割れのケアも一緒に出来るFGF様成分が配合されています。

AFCストレッチマーククリーム

★特徴を簡単まとめました★

葉酸成分でターンオーバー19%アップ
・ヘスぺリジン成分でじんわり温まる←冷え性のママに◎
・無添加(香料・着色料・鉱物油)
・リラックスアロマの香りでストレス解消

価格 2800円
評価 評価4
イチオシ成分 葉酸
こんなママにおすすめ

他のクリームに比べて安いので、
お手頃なものでしっかり続けたい人におすすめ!

出来てしまった妊娠線を消す方法はないって本当?

妊娠線(ストレッチマーク)とは、
マタニティ時期の乾燥や急激な体重増加に伴い出来る線の事です。

 

実は誰にも見せたくない、太ももの肉割れ…
じゃ…じゃーん(pq’v`∞)シクシク…

 

さて、わたしの肉割れを無意味に見てもらったところで、
気になるのってこれじゃないですか?↓
一度出来た妊娠線(肉割れ)って消せるのでしょうか??

 

市販や通販などで「妊娠線(ストレッチマーク)を消せるクリーム」が販売されていますが、
妊娠線自体、遺伝的要素が2割程な為「完全に消せる」という訳ではありません

 

クリーム以外ではセルロイドなどにも効果があるようですが、割高な値段です。
他には美容整形にて薄くする方法もありますが、金額も高く妊娠線を完全に消す事は無理です。

 

さて、こうなってくると次の質問てこれじゃないですか?↓
妊娠線を消すには方法はないの???

 

妊娠線を薄く出来る可能性はもちろんあります。
現段階ではFGF成分などターンオーバーを促して皮膚の内側から押し上げるクリーム(ノコア)がおすすめです。

 

ただ、長い時間をかけてクリームなどでケアしないといけないのでかなり根気が必要です。

 

妊娠線予防をサボっただけで、
一生消えないかもしれない線が出来てしまうのってツラいですよね。

 

お腹が大きくなる前の「妊娠線予防」にすべてがかかっています。

 

クリームやジェル、オイルなど
多種多様のタイプの妊娠線予防のスキンケアが展開されています。

 

クリームやジェルはさっぱりタイプでノビがいい商品が多く、
オイルはアロマテラピーの観点から作られているので、リラックス効果が高いです。

 

大事なポイントは「成分を重視」すること。

クリームの匂いや使い心地が重要じゃないですよね?
重要なのは「そのクリームは妊娠線に効果があるかどうか」です。

 

予防ならシラノール誘導体が配合されていて保湿成分がしっかり入ったクリームを。
出来てしまった妊娠線にはFGF様成分が配合されているクリームを。

 

最近発売されているクリームは基本的にべたつかず、
無添加で使い心地が良いように出来ています。

 

予防をするのか、出来てしまった妊娠線をケアするのか
クリームに必要な成分が違ってくることを頭に入れておいてください。

 

「今」必要なケアをしっかりしていきましょう。

 

↓サボったらこんなんなりますよ(pq’v`∞)シクシク…

 

→妊娠線クリームランキングまでワープする

妊娠線って何?一度できたら消えないって本当?
「赤ちゃんを生んでほっとしていたら、ある日突然お腹に「妊娠線」ができてしまった!」
「見ているだけでも痛々しい妊娠線、なんとかならないかな…?」

 

世のお母さんたちの悩みの一つ「妊娠線」は、お腹に無数に刻まれた特有の線のこと。何とかして消したいと思ってマッサージを続けても、簡単に消えてくれないので困ったという声も多いです。

 

そこで今回は、妊娠線の仕組みや解消方法に関心がある方のために、妊娠線ができる仕組みとケア方法について紹介していきたいと思います。

 

妊娠線のできる仕組み
妊娠線は、妊娠中にお腹が膨らむことによって皮膚に亀裂が生じ、断裂した線が浮き出てくる現象です。

 

妊娠線は断裂して見えているものではなく、実際に皮膚や皮下組織に裂け目が入って、さらに皮や脂肪が引っ張られることによってできた裂傷。痛みはなくても、立派な「傷」なのです。

 

妊娠中はお腹の広範囲にわたって強い力で引き裂かれるため、体格や脂肪の付き方、お腹の膨らみ方によっては、胸の近くや太もも周りなどに線が発生するケースもみられます。

 

妊娠線にも種類があります!
妊娠線は主に腹部とその周辺に出現しますが、入る場所は人によって異なります。わき腹に多くできる人もいれば、下腹部やへその下付近一帯にできる場合もあり、線の色や太さ、長さも個人差があります。

 

「妊娠線」というとなんだか深刻な響きに聞こえますが、実際は肉割れの状態と同じ。むくみや肥満によって胴回りにお肉がついてしまった場合にも肉割れが発生しますが、基本的に妊娠線はこの肉割れと同じものになります。

 

妊娠線のできはじめは赤っぽい色で、人によっては紫色にも見えます。細い線がだんだんと表面化して、血管よりもはっきりと浮き出してくると、いよいよ妊娠線が皮膚に定着し始めます。

 

定着後の妊娠線は濃い色から白に近くなりますが、この過程において妊娠線には「新妊娠線」と「旧妊娠線」という二種類の状態に分けられています。

 

「新妊娠線」は妊娠中にできるラインで、いわゆる一般的な妊娠線のこと。血管のような色味が特徴的で、見た目がなんとなく気持ち悪く見えるものはすべて新しい妊娠線になります。

 

それに対して「旧妊娠線」は、新妊娠線が痕になったものを指します。出産を終えてからしばらく経たなければ旧妊娠線とは呼ばれません。赤紫色だったものが分娩を経て白色に変化し、どことなく光沢感があります。

 

人間の体は常に変化しているので、新妊娠線がずっとそのまま居残ることはありません。しかし旧妊娠線に移行した後でも、完全に消滅するわけではなく、そのまま痕となって残るものが多いです。太った時にできる肉割れと同じく、一度できると薄く白っぽい痕としてそのまま残っています。

 

一度できたら消えない妊娠線がある
妊娠線は一見どれも同じ線ですが、表面だけの浅いものと、真皮まで達している深いものとがあります。

 

表面だけの浅い線は肌のターンオーバーによって自然に代謝されて消えていきますが、皮膚の奥に入ってしまった妊娠線はほぼ消えることはないと言われます。皮膚の深い部分はターンオーバーの影響をほとんど受けないので、新しい皮膚に入れ替わったところで、痕がなくなることはありません。

 

ただし、妊娠線の程度や深さには個人差があります。誰もが必ず深いところに妊娠線ができるわけではなく、事前に予防策を講じたり、太らないよう注意するだけでも、妊娠線の程度に大きな影響を与えます。また、体質によってできやすい人とできにくい人が分かれているとも言われます。

 

肌のターンオーバーは、顔だけに限らず全身に適用されます。もしも妊娠線が表面だけにできていれば、ほとんどはこのターンオーバーによってキレイに代謝されます。

 

少しでも肌表面をキレイに戻すためには、妊娠の前後で肌の新陳代謝が落ちないように日常生活からケアしていかなければなりません。

 

手軽にできる方法としては、ビタミンやミネラルなど妊娠中に不足しやすい栄養素をたっぷりと摂り入れる食生活、軽い運動で血流を改善し、ホルモンバランスを整えるためにストレスレベルを下げる工夫なども必要です。

 

また、妊娠中には体の冷えに要注意。肌の代謝レベルを左右するのは体の循環であり、血流にかかっているといっても過言ではありません。軽い運動はもちろん、適度にストレッチやマッサージをしたり、湯たんぽやカイロを使って温める方法、入浴(半身浴・足湯)なども効果的です。

 

しつこい妊娠線はどうやったら消せるの?
痕として残ってしまった深部の妊娠線には、以下に挙げるような対処法があります。

 

@手術による治療
Aダーマローラーによる物理的なケア
Bボディクリームなどを使用するセルフケア

 

@からBまでの方法はどれも効果的な方法であり、@がもっとも手早い手段になります。

 

病院で治療を受ければそれなりの費用がかかりますし、セルフケアなら安上がりという費用面での違いもあります。妊娠線の状態や程度に合わせて最適な施術を選ぶことが大切です。

 

それでは、以下からさらに詳しく内容を見ていきましょう。

 

妊娠線を手術で消す方法
@の手術による治療は、レーザー治療が非常によく知られています。レーザー治療は妊娠線が発生している部分にレーザー光線を照射することで、肌の下にある皮下組織の再生を目指す治療になります。レーザー治療には、コラーゲンの再生を促す効果があるとも言われています。

 

レーザー治療では肌のコラーゲンの再生や皮膚の引き締め効果を狙い、妊娠線が発生した部位を目立たなくさせる効果が期待できます。人によって差はありますが、肌のコラーゲンが自然に再生すれば肌は滑らかで元通りの美しい状態に戻っていきます。

 

レーザー光線には通常の光よりも強力なパワーがあるため、肌への効果も期待できると言われています。ただし肌が弱い方や、妊娠線の状態によってはレーザー治療で火傷などのリスクを負ってしまう可能性があるため、医師とよく相談のうえ、施術を受けられると良いでしょう。

 

妊娠線をダーマローラーで消す方法
Aのダ―マローラーとは、ニキビ痕の治療などにも使用されてきた医療用のローラーです。長さ1mm程度の極細針が刺さったローラーを、妊娠線が気になる部分に優しく転がすことによって、肌がもつ「自然治癒力」によって妊娠線にアプローチします。

 

妊娠線も皮膚にできた傷の一種なので、自然治癒力を促せば自然と皮膚がキレイに再生されるというわけですね。

 

ただしダーマローラーは力のかけすぎや衛生上のトラブルに要注意。早く妊娠線を消したいからといって使い方を誤ると、肌に傷がつく可能性もあります。用法をきちんと守り、時間をかけながら丁寧に使っていきましょう。

 

妊娠線をセルフケアで消す方法
ボディクリームなどのスキンケア製品によるセルフケアは、ある程度時間はかかりますが、もっとも肌に負担をかけずに妊娠線を消すことが可能な方法。

 

人間の肌は、角質が多くゴワつきが多いほどターンオーバーが乱れやすいため、少しでも早く妊娠線を代謝させるためには、常に保湿をして潤いのある状態にキープしておく必要があります。

 

ふつう、ボディクリームは妊娠前から肌の保湿のために使われていますが、妊娠前→妊娠中→妊娠後と3段階に分けて使用すると、肌に潤いが出て柔らかい状態になり、効果的に妊娠線を予防することができます。

 

市販のボディクリームを使うこともできますが、妊娠中は敏感でデリケートな肌質に変わっていますので、肌にやさしい成分を配合したクリームを使いましょう。

 

配合されている成分によっては効果の出方も変わってくるため、妊娠中は妊婦さん専用のボディクリームを使うと確実です。

 

ボディクリームを気になる部分に塗り込んだら、同時に軽いマッサージも施していくと良いでしょう。リンパの流れを意識して、体に老廃物が溜まらないようにケアしていきます。

 

出産後しばらくは体のためにジョギングやウォーキングなどの激しい運動を控えなければならないのですが、放っておくとむくみがどんどん溜まって妊娠線の状態にも影響してきますから、軽いマッサージや揉みほぐしだけは続けていきましょう。

 

ボディクリームを効果的に使うためには、入浴後や体が温まっている時がベスト。入浴できない場合はマッサージやストレッチで軽く体を温めてからクリームを塗っていきましょう。

 

妊娠線の対処には保湿が第一!
病院でのレーザー治療からダーマローラー、セルフケアと順番に紹介しましたが、レーザー治療は短期間で施術が完了する代わりにお金がかかります。限られた時間で望み通りの効果を得たい方には最適ですが、費用面で問題がある場合は、自宅でのセルフケアをおすすめします。

 

「ボディクリームなどを使用するセルフケア」でも述べましたが、妊娠線のケアには肌へのスキンケアが大切です。

 

妊娠線ケアに使えるおすすめのスキンケア
顔の保湿と同様に、妊娠線にも水分と油分を補う保湿が欠かせません。ボディクリームやボディローションなどを駆使して対抗していきましょう。

 

化粧水→乳液→クリームと順番に塗るのは大変なので、ボディ専用のクリームやオイルを使いましょう。さっぱり系が好きな方はボディローションでも問題ありませんが、油分が少ない乾燥肌タイプの方は、油分を含むクリームを使った方が効率的かもしれません。

 

ボディローションとボディクリームの中間的な存在にボディミルクというものもありますが、こちらは水分量が多めなので、ボディローションよりも少し濃厚なものが欲しい方にオススメのアイテムです。

 

ただしボディミルクだけですべてを補えるとは限らないので、クリームと併用するなどして工夫して保湿を行ってみてください。

 

また、ボディローションよりもさらにさっぱりとしたものに「ボディミスト」があります。妊娠に関係なく、いつもボディミストを使って保湿している方もいるかもしれません。

 

しかし妊娠中は肌が乾燥しやすく、ホルモンバランスが変化して肌の代謝が遅れがちになるため、妊娠線が一番消えにくい状態に置かれています。

 

ボディミストだけでは保湿しきれない可能性があるので、濃度の高い製品と併用して、しっかりと妊娠線のできた部分を保湿していきましょう。

 

保湿に効果を発揮するのは主にボディクリームになりますが、ボディオイル→ボディクリームの順番に併用するとさらに効果的です。ボディオイルでまず肌の滑りを良くして、有効成分を肌になじみやすい状態に整えます。

 

次に、ボディクリームを塗って上から保湿成分で肌を覆います。水分よりも油分が多いので、肌をパックして乾燥を防ぎながら、皮膚のターンオーバーを助けます。

 

妊娠線用に開発されたスキンケア製品は、敏感肌でも使えるよう配慮されたものが多いです。妊娠中はもちろん、前後のデリケートな時期にも使えるように整えられているので、長く使いつづけるのにもぴったりです。

 

オイルの使い方について
妊娠線に最初に塗るオイルは、入浴後の濡れた肌がベスト。というのも、体が温まった状態でオイルを塗ると、肌がさらに柔らかくなり有効成分が浸透しやすい状態になるのです。

 

ボディオイルにはホホバオイルなどの植物性のもの、天然成分を配合したものが豊富ですが、妊娠前後は香りの強いものは控えた方が良いでしょう。また、刺激物を含んだボディオイルは肌に刺激を与えるため、やはり避けた方が無難です。

 

乾燥がひどい方はまずボディローションなどで水分をプラスしてからオイルを塗りましょう。乾燥してカサカサの肌にオイルを塗っても、実はあまり効果がないと言われます。ボディオイルのパッケージや説明書に正しい使い方が書いてある場合は必ず用法に従って使用しましょう。

 

おすすめの妊娠線ケア専用クリーム
妊娠線に使えるボディクリームは、自宅はもちろん外出先でも気軽にケアできるアイテム。ボディオイルやボディローションと組み合わせると、より確実に効果を発揮します。

 

手ごろな価格のものから本格的な無添加&弱酸性タイプまで種類もいろいろですが、長く続けるためには価格と品質の両方を重視しましょう。せっかく高価なクリームを買っても、肌に合わなければ長くは使えません。

 

同様に、肌に良いクリームでもあまりにも高額だと続かないので、両方のバランスをみながらいろいろな製品を比較してみてください。

 

以下では、妊娠線に効果的なボディクリームを紹介しています。

 

「ノコア・アフターボディトリートメントクリーム」
ノコアから販売されている「ノコア アフターボディトリートメントクリーム」は、すでにできてしまった妊娠線をケアするために開発された専用のクリーム。

 

よくある予防のためのクリームではなく、限られた期間でしっかりとケアしたい方のためのアイテムです。

 

4週間で90%の方が効果を実感したという実績もあり、新型のビタミンC誘導体「ファンコスC」を配合。従来のビタミンCの200倍もの浸透力で、お肌のターンオーバーを促進します。

 

妊娠線だけでなく、ダイエットでできた肉割れにも効果大。良質のビタミンC誘導体を配合している一方で、敏感肌さんにも嬉しいオーガニックコスメでもあります。

 

ふだん妊娠線が気になる部分へのケアにはもちろん、マッサージやセルライト解消効果もあるということで、入浴中と前後のマッサージに最適なクリームなんです。

 

妊娠・産後はお母さんのお肌は特にデリケート状態になっています。しかしノコアのアフターボディトリートメントクリームなら、美肌に欠かせないビタミンCと肌の新陳代謝を促すEGF様成分を配合し、生のシアバターやアボガド、天然の吸着成分であるベントナイトなどナチュラル成分をたっぷり配合。肌に負担にならない天然成分を配合しているので、安心して使い続けられます。

 

すでに口コミでも高い評価を得ており、「短い期間でお肌がキレイになってきた!」「余計な刺激がないので安心して肌に塗布できる」など、ビタミンCの力でお肌の代謝が良くなったという声が多いです。

 

「素顔のママで」
妊娠線用のクリームで有名な「素顔のままで」。こちらもお腹周りにできてしまった妊娠線に効果的と言われており、肌に刺激となるような成分を一切使用しない無添加処方が特徴の医外部薬品です。肌に刺激を与えないので、産前と産後のどちらにも使うことが可能です。

 

「素顔のママで」には、ナノ化したセラミドや水溶性コラーゲン、トリプルヒアルロン酸などお肌に欠かせない浸透成分が配合されています。ただのコラーゲンではなく、よりお肌に浸透しやすくした水溶性のコラーゲンや、肌の潤い維持に欠かせないセラミド、美肌に効果的なヒアルロン酸もたっぷりと含まれており、カサカサ肌やターンオーバーが遅れがちな出産後のお肌のケアにもぴったり。

 

水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン2Kを有効成分としていますが、コラーゲンやヒアルロン酸もしっかりと肌の潤いをサポートし、お腹のマッサージと乾燥肌予防、さらには妊娠線へのケアにもお使いいただけます。

 

妊娠線に限らず、体の肉割れ部分ならどこでも使えるのもポイント。濃厚かつ、豊富に配合された美肌成分が魅力的な製品です。

 

妊娠線をできるだけ早く薄くしたい!可能なら自宅でセルフケアをして目立たなくさせたい!といったお母さんは、ぜひ「素顔のママで」を試してみてはいかがでしょうか。

 

「ベルタマザークリーム」
妊娠線を予防&ケアするボディクリームとして有名な「ベルタマザークリーム」。妊娠前から妊娠線が入りそうな場所を集中的にケアすることで、出産後の妊娠線の大量出現を防ぎつつ、肌への保湿も同時に行うことができます。

 

ベルタマザークリームには5種類のオーガニック成分と、角質層を潤してくれる美肌成分「コエンザイムQ10」、肌に弾力をもたらす「へスペリジン」や「シラノール誘導体」を配合。無添加かつコラーゲンやヒアルロン酸もたっぷりと配合されているので、美肌を目指したい方にぴったりのクリームなんです。

 

有効成分が多く、特に妊娠線予防に高い効果があるとして外国で高い知名度をほこる「シラノール誘導体」を配合しているのがポイント。他の製品にはあまり見られない特徴かと思います。

 

シラノール誘導体にはを肌への引き締め作用や、荒くなった毛穴を整える効果もあるので、すでにできてしまったしつこい妊娠線へのケアに効果を発揮してくれることでしょう。

 

「ノコア アフターボディトリートメントクリーム」「素顔のママで」と同じく、ベルタマザークリームにもオーガニック&無添加配合にこだわっているため、敏感肌や乾燥肌のお母さんでも安心して使えます。お肌にうれしい美容成分が豊富なので、長く付き合うスキンケアアイテムとしても優秀ですね。

 

素顔のママでと同じく、ベルタマザークリームもお母さんと赤ちゃんが一緒に使えるスキンケア製品です。生まれたばかりの赤ちゃんの柔らかく弱いお肌と、お母さんの敏感で乾燥しやすいお肌の両方をやさしく保湿します。

 

ノコア・アフターボディトリートメントクリームの特徴
ノコア・アフターボディトリートメントクリームは、気になる妊娠線や肉割れへのダメージ軽減、アフターケアに最適なボディクリームです。お肌の代謝を活発にして、皮膚をキレイな状態に戻してくれるクリームと言われていますが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

@最新型のビタミンC誘導体の配合
ビタミンC誘導体は、従来のビタミンCをより体に吸収されやすい形に改良した成分です。

 

ビタミンCはそのままでは壊れやすく、体内で吸収されるとすぐに排出されてしまう栄養素です。しかしビタミンC誘導体に改良すると、熱にも空気にも強い壊れにくい構造に変化するので、肌への高い浸透力が期待できるのです。

 

なかでも最新型のビタミンC誘導体「FUNCOS (ファンコス) C-IS」は、ノコアならではの特有成分であり、イソステアリルアスコルビルリ酸2Naと呼ばれる高い浸透率を誇る成分です。

 

イソステアリルアスコルビルリン酸2Naは水溶性であり脂溶性という、両方の性質を兼ね備えているので、お肌のコンディションに関わらず皮膚の奥までじっくりと浸透。最新かつ最先端のビタミンCのパワーが実感できます。

 

ノコア・アフターボディトリートメントクリームには、ラベンダー・オリーブ果実油、ネロリ、バオバブ種子油、グレープフルーツ果皮油など良質かつお肌の健康を守るオーガニック成分をぎゅっと凝縮配合。皮膚の奥深くまでビタミンCが浸透しつつ、自然由来の成分たちが肌表面の乾燥を予防、皮膚ダメージを軽減してがっちりと保湿を行います。

 

化学由来ではない自然の「機能性オーガニック成分」によって、しつこい妊娠線に対しても新陳代謝を促進。長く続ける肌ケアに最適な製品と言えます。

 

また、ノコア・アフターボディトリートメントクリームは肌に負担となる添加物を極力排除しています。

 

【9つのNO!】
@界面活性剤
Aパラベン
Bアルコール
C鉱物油
D合成香料
E合成着色料
F動物性原料
G紫外線吸収剤
Hサルフェート

 

上記はスキンケア製品では定番中の定番とも言える添加物ですが、ノコアのボディクリームにはすべて含まれていません。肌が荒れやすくなると言われるパラベンや界面活性剤も一切不使用なので、敏感肌や乾燥肌、妊娠線の治りが遅い方でも、安心して使用できるのです。

 

妊娠線は、人によっては深く入ってしまう場合があり、毎日のこまめなスキンケアを続けなければ、新陳代謝が落ちていって治りが悪くなる可能性もあります。そのため、妊娠線のケアには肌に負担のない、良質なクリームによるケアが欠かせません。

 

一度深く入ってしまった妊娠線をキレイに消すのは大変ですが、ケアを続けることによって薄くしていくことは可能です。たっぷりと保湿&乾燥予防を行い、肌の新陳代謝を上げて、美しいお肌を取り戻してみませんか?